バニクレゴ -VANICLEGO-

「VAIOのバイオニクルとレゴ」でバニクレゴ。馬刺し大好き。色々書きます。

The Soldier : MOG-PILLER

※この記事は前ブログからの移植記事です。

市街地エリア北部、侵入者の情報を受け指揮官はモッグピラー部隊に出動を命じた。侵入者情報を伝えたモッグピラーからの通信は途中で途絶え、事態の深刻さを物語っていた。

「まじか...俺が1番かよ...」出動命令後すぐに侵入者を発見してしまった彼はすぐさま後悔した。

近かったから来てみただけなのに...。子供の頃から褒められてきた唯一の取り柄、視力のせいで不運にも1番乗りとなってしまったことを彼は悔やむ。何せどこからどう見ても自分より格上の装備をしている。

幸いこちらは気づかれてない、と思ったのも束の間、侵入者がこちらに発砲。寸前で回避。間合いを避けるため後方に下がる。こちらも発砲。外した!逃げなきゃ!その瞬間頭上に振りかぶられた忍者刀が目に入る。速っ!拳銃の銃身でなんとか受け流し、体勢を立て直す。クソッ!破れかぶれで銃を相手に向け...。??

いない。

侵入者は忽然と姿を消していた。安堵と共に一気に脱力して尻餅をつく。

「あのニンジャは、幻だったんだろうか...」

遠くの方でサイレンがこだまする...。

続きを読む

製作経過報告【干支の竜作品を作る】②

みなさんこんにちは、VAIOです。

 

ブログを書くよりも作品を作ることを優先するフェイズに入ってるので更新を控えめにしてお送りしております。

 

今日は前回の続きで、干支作品が現在どこまで出来ているのかを紹介していきます。

 

割とドラゴンっぽくなってきましたよ。

f:id:VaioHalc:20231217235159j:image

まずは頭。

続きを読む

製作経過報告【干支の竜作品を作る】①

みなさんこんばんわ。

レゴを真面目にやろうとするとブログを書くのが難しいということに気づきつつあるVAIOです。

 

今日は今作り途中のものを断片的にサクッと紹介しようと思います。

今はタイトルの通り、来年の辰年にちなんでドラゴンを作ろうとしております。

尻に火がつかないと何もできないタイプの人間である私は、案の定年始に間に合うか怪しいこのタイミングでようやく手を動かし始めたのでした。

続きを読む

The Tyrant : Nero

※この記事は前ブログからの移植記事です。

お久しぶりです。

とてつもなくお久しぶりです。

これ以上ないくらいお久しぶりです。

ブログの更新は滞ってましたが何をしていたのかというと何もしてません。いつも通りでした。

単純なサボりでした。

※2023年追記:これまでの人生、ブログは常にサボりがちですぐ更新をやめる人間だったのですが、iPhoneiCloudiPadという3種の神器を手にしたことでかなり更新がラクになり、最近はブログ更新も比較的スムーズで良きです。みんなもAppleに魂を売ろうぜ。

今回は平成の終わりに新作ができたので記念に平成のうちにブログを更新しておこうと思ったので、軽い感じで書いていこうと思います。 ※2023年追記:これももう5年も前なのかと驚くとともに、自らの年齢に打ちひしがれる三十の冬。

今回紹介したいのはこれ。青ベー緑ベーガムを噛んでしまった恐竜。

※2023年追記:すぐこういうつまらないことを言う。そういう人間です私は。

全体像はこんな感じです。

初めて1m近い作品を作りました。

※2023年追記:今はスピノサウルスを作ろうとしています。同じスケールのつもりが二倍くらいデカくなりそうなので完成が何年後になるか自分にもわからない。

作成のきっかけはデカニクルラボでJBF2019にて企画展示のサブアイデアとして動物作品の展示をしようという話になったことです。

どうせやるならデカいのが作りたいなと思い、その頃にかいどうさんがティラノサウルス新作を公開されていたこともあり恐竜にしよう!と安直に思い立ったのでした。

そしてこれを作るためになんと5万円近くもパーツを買い込んだのでした(破産する🤪🤪🤪)。

※2023年追記:まじかよ…。貯金がないわけだぜ…。

ちょっと前にパーツさえ買えばいいのを作れるみたいなツイートを見たんですけど高額課金者としてはそれでも良いのを作れるとは限らないので真顔になるしかありませんでしたね。

さて、昨年は狛犬という想像上の動物を作っていたのですが今年も恐竜というある意味想像上の動物を作ったことになりますね。

実在しないと解釈の入り込む余地、アレンジの余地があるのでやりやすいんですよね。怠慢ですかね。

※2023年追記:これからもどんどん動物作品は作っていきたいし、作っていきます。

いつもの作品と比べるとこれくらいのサイズ。

大体全長6mくらいのイメージになるでしょうか。ティラノサウルスほど大きくないですね。

※2023年追記:シャモティラヌスとかナノティラヌスとかのサイズ感かな。

たまたま手元に完成品があった『8917 KALMAH』と比べてみるとこんな感じ。

これくらいならティラノサウルス感ありますよね。

ところで散々ティラノサウルスティラノサウルス言っておいてなんなんですが、ジュラシックワールドのインドミナスレックスにかなり影響されており長めの腕や下顎の薄さ、後頭部から首にかけてのトゲ等の特徴がインドミナスに寄ってしまってますね。体色も白いし。

でも映画でのあの迫力とかっこよさを目の当たりにしてしまってはそれもしょうがないですよね。うん、しょうがない。

※2023年追記:しょうがない。怖さでいえばインドラプトルの圧勝だけど、かっこよさ、見た目の不気味さはインドミナスレックスがやっぱり神がかってたと思う。

今回こだわった部分の一つが頭なんですけど、歯列は真っ直ぐだけど他の部分は全て鼻先から後頭部にかけて広がるように斜めの接続をしています。

(以下オタクみたいな語り)

これが意外と難しいけど楽しくて、アングルコネクタで斜めに固定したりそこからアクスルを伸ばして先端でリフトアームで両端をくっつけたり、斜めの部分と真っすぐの部分の距離を半ポッチ調整を多用して合わせたりと普段やらないことをたくさん行っています。

顎もシリンダーを前後に2本ずつの両側合わせて4本を組み込み、その伸び縮みで開閉できるようにしました。これによって顎位置が単純な一軸可動ではなくなり、比較的表情が付くようになっております。

目は絶対複眼にしようと最初に決めていたのでその通り作ったんですが、最初に作った複眼ユニットは実は完成品の膝に付いてる三角形のユニットでした。

その時に作った頭がやけにぼんやりした表情でもやもやしていたのですが、フォロワーさんに複眼の幅を狭めた方が良いとアドバイスを頂きそれに倣ったところかなり満足のいく眼力になったと思います。

暇な人は一番上の画像とかを見てもらえたら嬉しいです。

※2023年追記:それでも今見ると山ほど改善点が浮かぶし、しかしいざやってみるとうまくいかないし、レゴって難しい。本当に上達できてるんだろうか。

(オタクみたいな語り終わり)

足腰の強度や脚の前後でのバランス調整に数カ月を要しただけあって意外にも安定して立ちます(むしろ他の人型作品の方が安定感無い...)。

そのためこんな風に上に人(型作品)を乗せても倒れません。

全身にシリンダーを30本仕込んでいるだけありますね🤮🤮🤮

ちなみにこの写真、Novaが刀を振り上げてトランスフォーマーロストエイジグリムロックオプティマスの再現をしようとしてたんですけど、背景の丈が足りずこの角度からしか撮れず、しかも腕が見切れるというなんとも残念なことになってしまいました。

泣けますね。

※2023年追記:元々どこにも飾れないようなサイズではあるのだけど、今の部屋では本当に飾れないから悲しい。頑張って飾る場所を作るか、どこかしらで展示させてもらいたい。

と、まぁこんな感じの恐竜作品だったのですが小学生の頃に初めて作った恐竜作品が白かったので個人的にとても感慨深い作品です。

脚部にはターンテーブルのようなベベルギアや大きなクリック関節など今まで使ってことなかったパーツも組み込んでますし同じようなパーツの繰り返しで体節を表現するなど新しい作り方をこれでもかと盛り込んだ作品になっております。

写真は背景が狭くて色々おざなりな感じなのですが、舐め回すように細部も見ていただけたら努力も報われるなと思います。

また令和になったらブログもちょこちょこ更新するつもりなのでよろしくお願い致します。

※2023年追記:こう言うこと言うと結局やらなくなるので言わないようにしたいのだけど、つい口を、もとい指をついて出てきてしまうのである。実際このブログもいつまでこのペースでやれるか既に危惧している。自分の怠惰さは自分が1番よく知っているのである。気負わずゆるゆるやっていきたい。

【高コスパで健康生活】Xiaomi Smart band 8レビュー

突然ですが、みなさん健康ですか?

僕はというとドンドン太っていて流石にこのままでは良くないなと思い、最近ようやく筋トレを始めました。

その記録が残ればさらなるモチベーションにつながり、さらに筋トレを増やし、基礎代謝が増し、さらに筋トレの効果が高まり、地球温暖化は止まり、戦争も終結し、人類の意識はひとつの集合体となり次の次元へと向かっていく、という好循環になるに違いないと思い、あるものを買いました。

 

それがこちら。

続きを読む

【購入記録】VAIOがAmazonブラックフライデーで買ったもの一覧

みなさんこんにちは。大阪から帰ってきました、VAIOです。

今日はAmazonブラックフライデーVAIOが買ったものを、一言コメントと共にひたすら羅列していこうと思います。

セールは12月1日の金曜日まで続きますので、みなさんの参考になれば幸いです。

 

続きを読む

296の会 2018 in 刈谷 (中部バイオニクル調査会)レポ -後半-

※この記事は前ブログからの移植記事です。

このインターネットの世界には、誰からも管理されず放置されているものが数えきれないほど存在している。それらは確かに存在しているが、人の記憶からの消失とともに実質ネットの闇に消えていく。

そんなほったらかしの記事がこのブログの下書きにもめちゃくちゃな数存在してるんですが(タイトルだけ作ってあった)、今回はとりあえずひとつだけ救済していこうかなと思います。

もう2年くらい前なんですけど、296の会というちょっとしたオフ会をGえむさんとともにやらせていただきまして、今回はそのレポートの続きです。

あなりにも長く放置していたため記憶もなかなかにおぼろなのですが、写真は残っているし当時感じたインパクトは思い出せるだろうということで、ずさんな形でまことに恐縮ですがご覧いただければと思います。

(前半は↓からどうぞ。)

vaiohalcas.hatenablog.com

これはその296の会の日にみんなでお昼ご飯を食べたお店なのですが、「バ」を飛ばして読むことでなんとニクルダカラになるというまさにこの日の為にあるかのような名前で少し盛り上がりました。(冷静になると、バを飛ばすのは反則ではと思ってしまうのだが当日は皆イベントテンションであったため誰一人疑問を持つ者はいなかったのである)

あと撮影者が映り込んだり映り込んでなかったりしますが気にしないでください。

ではさっそくやっていきましょう。

まずはIGUさんの作品から。俺化ジャングルスライザーですね。

この頃IGUさんはスライザー20周年(通称スライザー成人式)の準備?で俺スライザーをたくさん作られていてその中の一体です。

スタイルもさることながら、銃剣のような左手がかっこいい。

つづいてジャッジスライザー。

なんかただのドローンみたいなキャラクターだと思ってたんですが人型になるとその名前も相まってすごくかっこいいですね。

帽子や胸のゲージがジャッジ要素を感じさせて憎いです。

エナジースライザー(だっけ)。

製品版が元からたしかに虫的なデザインなんですけど、まさかここまでハエ的にアレンジされるとは本人も思ってなかったでしょう。鼻先や足先の細かい部分のモールドもかなり効果的で、良い意味で気持ち悪いです。素敵。

アクアスライザー。

シュノーケルみたいな口元や肩のタンクの機械的な部分と長くてうねる触手のような手足のギャップがうまくまとめられていて素晴らしいです。ボディも円筒状のパーツから構成されていて一体感がすごい。

なんだっけ…フレアスライザー?

翼竜的な雰囲気でまとめられています。相変わらずメカと生物のまとめ具合が素晴らしい。あとこの顔のプリントかっこよくて欲しくなっちゃいました。

スパークスライザー。

エリマキトカゲ的な怪獣というのはわかるんですが、そこに電気の背びれと異様に長い下腕をつけるセンスが素晴らしい。色もパンクで素晴らしいです。

(今見ると当時は存在しなかったストリンダーというポケモンがなんとなく脳裏によぎりますね)

2023年追記:この一連の俺スライザーもだが、俺トーアマタなどを見てもIGU.さんはキャラクターのアレンジセンスがすごいと思う。

これもIGUさんの作品。今度はバイオニクルG2からエキームの俺化。

僕もあまり詳しくありませんが、G2後期のクリーチャーとの合体ギミック的な設定がエキームにも存在したらしく(ポリバッグで一応出ていたが合体ギミックは無かった)、この作品はワシのクリーチャーと合体した状態ですね。神々しさが5割増でかっこいいです。

後ろ姿を見るとこんな感じで、二又に分かれた尾羽根を持つワシがくっついてるのがわかると思います。

ツクリさんの作品。

ストリンガーのフェイスが無骨なのでやはり銃火器が似合いますね。スネのシリンダーなどデカニクル的アプローチがとられていますね。

こちらもツクリさんの作品。

頭のパーツの合いっぷりがすごい。メタリック系の色とダークブルーの親和性も高く、とてもクールな印象です。身体のアーマーの密度も高く、重量感のある作品です。

2023年追記:このフェイスパーツを使った作品は数えるほどしか見たことがないし、実際なかなか難しいパーツなはず。それがここまで頭としてまとまってるのはかなりすごい。

ここからは拙作です。あまり書くこともないのでテンポよく行きましょう。

バイク(ロストライダー)+NOVA。バイクに内蔵したライトを光らせられるようにバッテリーパックを持参しました。

FLAX。サイバーチックによせたサムライです。袴は布のマントパーツをうまく挟み込んでます。

バグサイン。比較的最近リメイクしたのでこれはリメイク前。

モッグピラー。この時のために盾を作ってあげたんですが違和感を感じたので今はもう壊してしまってます。

インディゴアスタリスク。サイボーグで一体となった三つ子という阿修羅をSFに落とし込んだ設定のやつ。

2023年追記:こいつは今の技術で手直ししたいなぁと無限回言っている。

銀色黴傀儡。これもリメイクしたのでこれは古いバージョン。

と今回はここまでにしておきます。

また気が向いたら過去のほったらかし記事のサルベージ、救済をやっていこうかなと思ってます。

昨今は件のウィルスの影響もあってオフラインでのイベントは殆どありませんが、また落ち着いた頃にぽつぽつと企画されると思うのでそれを楽しみに生きていきたいと思います。

8月頃にバイオニクル関連で何かしらあると思われるのでそれによってニクラー界隈も盛り上がってニクル系のイベントも増えるといいなぁと淡い期待を抱きながらこの記事を締めようと思います。

2023年追記:え、なんかあったっけ…。全然思い出せない。ファンメイドゲームの動画が公開されたことか、2022年タフーか、後なんかあったっけ…?本当に思い出せない。それはともかく、来年は復活の噂の真偽も確実になっているでしょうから、楽しみに待ちたいと思います。

ではまた。